岡野亭、お席ございます [2019.05]

  横浜君嶋屋マリアージュコラム No.005

旬を迎えた釜揚げシラスのパスタ


爽やかな初夏の風が吹くころになると、海沿いの魚屋さんには旬を迎えた新鮮な生シラスや釜揚げシラスがずらりと並びます。
神奈川県のシラス漁は今年も例年通り3月11日に解禁になりました。漁はこの先12月末まで続き、1月1日から3月10日までが禁漁期間となります。

シラスはマイワシやカタクチイワシの稚魚(産卵後1~2ヵ月)で、美味しさと栄養がみっちり詰まったいいこと尽くしのスーパーフードです。
というのは、シラスもマイワシ同様、オメガ3系オイルのDHAとEPA、カルシウム、ビタミンDを豊富に含み、血流を良くして脳を活性化すると言われています。 そして飲兵衛にとってなによりも嬉しいことは、アルコールによる脂肪肝や高血圧などの予防が期待できることです。

今回ご紹介する「釜揚げシラスとキャベツのパスタ」は、和出汁の利いたキャベツの甘みにチーズの風味も加わり、パスタですが日本酒との相性も抜群!ぜひお試しいただきたい一品です♡

旬を迎えたシラスと春キャベツのパスタ

材料


 パスタ(写真はリングイネ) 2人分
 キャベツ 200~250g
 タマネギ 1/2個
 釜揚げシラス 60g前後
 ニンニク 1/2片(微塵切り)
 アンチョビのフィレ 2~3枚(微塵切り)
 唐辛子 適宜 
 鰹と昆布の出汁 100~150 cc
 パルメジャーノまたはグラナ・パダーノチーズ 適宜
 黒こしょう 適量

作り方


1)
キャベツを適当な大きさに切り、サッと蒸すか茹でておく。鍋にパスタ用の熱湯を準備する。


2)
加熱前のオリーブオイルにニンニクを入れ、極弱火でゆっくり火を通す。


3)
下ごしらえの途中にパスタを茹で始める(茹で時間を考慮)。


4)
ニンニクがうっすら色付き始めたら唐辛子とアンチョビを入れて炒め、続いて玉ねぎを炒める。

旬を迎えたシラスと春キャベツのパスタ

5)
1のキャベツを加える。


6)
出汁を入れて5分位煮込む。(キャベツと玉ねぎの固さはお好みで)。
旬を迎えたシラスと春キャベツのパスタ

7)
シラスと茹でたパスタを入れて絡める。


8)
お皿に盛り付けたらオリーブオイルをかけ、パルメジャーノチーズを摺りおろす。
旬を迎えたシラスと春キャベツのパスタ
ピチピチつやつや初夏のシラス
生、釜揚げ、漬が入った豪華しらす丼
しらすと青のりの卵焼きは彩りも美しい

おススメのお酒

福田 山田錦 純米吟醸

【福田 山田錦 純米吟醸】

海に囲まれた長崎県の平戸市で、地元の山田錦を使って醸された軽快な飲み口のお酒。 鰹と昆布の出汁ベースとシラスの味わいに山田錦の程よいボリューム感が上手く調和します。
デフォン

【デフォン IGP ド・ラ・サント・ボーム・シャン・デュ・セステルス】

ロール(ヴェルメンティーノ)が持つベースのミネラル感にヴィオニエがほんのりとした甘さとふくふくよかさを与えているプロヴァンスの白ワイン。食材に使われる海の幸のミネラル感とキャベツや玉ねぎの甘みを素直に包み込みます。

 

岡野 のり子[社長アシスタント・広報担当]
 NO WINE NO LIFE のノムリエ主婦から2005年にお酒の業界へ
 J.S.A.認定ワインエキスパート、SAKE DIPLOMA

 

「岡野亭、お席ございます」
横浜君嶋屋マリアージュコラムindex

酒のおはなし No.010 [2019.5.30]

お酒とわたし


横浜君嶋屋5年目に突入しました原です。
お酒とわたしというタイトルということでまず頭に思い浮かんだのが若かりし頃の酒との出会いです。

皆さんも経験があると思いますが、とにかく一気飲みをしてW.Cに籠ってはまた一気飲みをし、そしてまたW.Cへ…さよなら…。という単純に仲間とその場を楽しむことがただただ好きな若造でした。 そんな私も君嶋屋に就職するやいなやお酒の飲み方・付き合い方が180度変わっていきます。

一気飲みをしなくなったのはもちろん(これは歳も関係してますが)味覚が安定させる為にタバコも止め、更にはお酒の場では全く食べなかったのですが、食とお酒を一緒に楽しめるようになりました。

そう、君嶋屋のモットーはご存知『食中酒』なのです。 この食とお酒を合わせるというマリアージュ。
最初は全く分かりませんでしたが、ベストマリアージュに出会った時はもうそれはそれはただの幸せ以外のものではありません。 お酒と食事がお互いを引き立てるという良くあるフレーズではありますが、まさに「お酒と食事がお互いを引き立てる!!」なのです本気です。 これの素晴らしさを知ってからはよりより日本酒・ワイン・焼酎にハマっていきました。 そして日々諸先輩方に酒道を学び現在5年目に突入いたしました。

しかし、お酒の魅力という点で最初から今まで全く変わっていないことがあります。 それは「人」です。
・・・・・くさいですね。 でも冗談でも何でもなく好きな人間と飲むお酒は本当に美味しく次の日まで最高なわけです。この部分は今でも現役でございます。 そういった意味だけでなく、1杯のお酒を飲むまでに様々な「人」が関わっていきます。 日本酒でいうと「お米を育てた人」・「そのお米を使ってお酒を造った人」・「お酒を売る人」・「お酒を仕入れる人」・「そのお酒を提供する人」・「一緒に飲む人」とまあざっくりですがこんな感じでしょうか。

私は酒屋人として、誰がどのような思いで造ったのか、といった部分まで案内できるようになれれば本望なのかなと思っております。 別に文字制限を気にして良い感じでラストに向かっているわけではないのですが、丁度良い文字数になって参りました。 これからも自分として生まれた根底を見失わず、君嶋屋として情熱の込もった美味しいお酒をご案内させていただきます。

情熱の込もった美味しいお酒

さて季節は夏前ということで店頭には夏のお酒がたくさん並んでおります。 瓶だったりラベルだったりがブルーで見ているだけで涼しくなりますね。 今年の夏も日本酒で充実したひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。 ご来店、心よりお待ちしております。


[横浜店]  原 俊平


酒のおはなし
COLUMN

NEWS [2019.5.27]

直筆サインボトルプレゼント!

“PHOENIX”コレクション 6本飲み比べセット


PHOENIXコラボ

“PHOENIX”コレクション 6本飲み比べセットをご購入いただいたお客様に、Phoenix の直筆サインボトルがついてくる!特別ボトルプレゼントキャンペーン開催! 日本酒・ワインにゆかりのあるバンドPhoenix。 関連商品をセットにしました。来日時に頂いたサインボトル(Phoenix スパークリング)をお付けしてお届けします。 原材料の産地の選定や、製法にこだわった商品達です。 この機会に日本酒・ワインの飲み比べをお楽しみください。

1)シャトー・テュエリー Le 21 ロゼ750ml 1本
2)楯野川 純米大吟醸 (PHOENIX) レインボーラベル720ml 1本
3)楯野川 純米大吟醸(PHOENIX)Limited Edition H30BY720ml 1本
4)楯野川 純米大吟醸(PHOENIX)スパークリング720ml 1本
5)惣誉生もと仕込 純米大吟醸 (PHOENIX)Limited Edition 28BY720ml 1本
6)風の森純米大吟醸(PHOENIX)Limited Edition H30BY720ml 1本
7)楯野川 純米大吟醸(PHOENIX)スパークリング サインボトル720ml 1本プレゼント
直筆サインボトル付
“PHOENIX”コレクション 6本飲み比べセット

PHOENIXコラボ
PHOENIXオリジナル手拭でのラッピングはギフトにも人気

「PHOENIX」コラボプロジェクト

食の都パリで日本食材、日本酒の小売り店、レストランをオープンし、和食・日本酒の普及に尽力されていた黒田利朗さんが2017年2月4日、逝去されました。 フランスで結成されたロックバンド「PHOENIX」のメンバー、クリスチャン・マゼライさんは以前から日本酒に興味を持たれ、特に『楯野川』を愛飲しているそうです。 黒田さんのこれまでの日本酒啓蒙活動に心からの感謝の意を込め、「PHOENIX」とコラボして造れているのがこのシリーズです。
黒田さんがガンで亡くなったことから売上の一部を日本赤十字社に寄付しております。
「楯野川」の楯の川酒造様から始まり、「風の森」油長酒造様、「惣誉」惣誉酒造様が参画され現在、コラボ商品を全部で5種類になりました。 そこに「PHOENIX」メンバー、トーマス・マーズの父親が当主のフランス・プロヴァンスのワイナリー「シャトー・テュエリー」のロゼワインを合わせた6種類が今回のセットです! 数量限定でのご用意になりますのでお早めにお買い求めください!

直筆サインボトル付
“PHOENIX”コレクション 6本飲み比べセット

<関連記事リンク>
◆2018.12.07『ForbesJapan』
『楯野川 PHOENIX』が海外からも注目されるプレミアム日本酒として、ForbesJapanで紹介されました。

◆2018.10.15 音楽WEBメディア『iFLYER.tv』
2019年4月に渋谷で開催される国際音楽祭【SOMEWHERE,】にて PHOENIX(フェニックス)の来日公演が決定!

◆2018.02.06 日本酒をもっと知りたくなるWEBメディア『SAKETIMES』
ファン待望のコラボ日本酒第2弾!フランス・パリで開かれた「楯野川 純米大吟醸 PHOENIX Limited Edition」発表会レポート

◆2017.07.16 食のメディアであり、食のキュレーター『DOMA』
故黒田利朗氏に想いを寄せて

開催報告 [2019.5]

STEPHANE OGIER 初来日記念イベントレポート

ステファン・オジェ 試飲セミナー&メーカーズディナー


ステファン・オジェ メーカーズディナー

<改めて知るステファン・オジェの魅力>

2019年4月2日、ステファン・オジェ初来日に伴い、日本ソムリエ協会のご協力のもと、プロ向けのセミナーを開催させて頂きました。 定員40名で募集をさせて頂きましたが、すぐに満席、キャンセル待ちがでるほど大好評でスタートさせて頂きました。 ステファンが予め用意した資料・地図中心にセミナーがすすめられ、ワイン6種類を中心にテイスティング、ドメーヌやステファン自身の紹介、醸造に関して、コートデュローヌ全体・コートロティ・コンドリューを中心にテロワールの特徴、そして、コートロティの土壌を細分化した細かいテロワールに関してまで、ぎっしり内容の濃いセミナーとなりました。 今回出席して頂いた方、恐らくステファンが造るワインの魅力を感じて頂けた充実したセミナーとなりました。

ステファン・オジェ メーカーズディナー ステファン・オジェ メーカーズディナー ステファン・オジェ メーカーズディナー

メーカーズディナーはクラシカルな趣のセンチュリーコート丸の内にて、広く一般の方にご参加いただき、年齢層も幅広く限定20名様にお集まり頂きました。 今回は個室を会場としたアットホームな雰囲気でディナーがスタート。

ステファン・オジェ メーカーズディナー

鏡チーフシェフのマリアージュによるディナーは全5品。彩も美しい春を感じる料理。ワイン造りへの情熱を感じるステファンの解説に合わせ、エレガントと称される6種のワインが次々にグラスに注がれ、参加者の皆さんは深くうなずきながら料理との組み合わせを堪能されていらっしゃいました。 どの組み合わせも大変素晴らしいものでしたが、コンドリュー/ヴィオニエの豊かでまろやかな風味とアスパラガスの軽い苦みを含んだ春野菜の甘さが印象的で、後にオジェ本人も大変素晴らしいとマリアージュの感想をお話されていました。

ステファン・オジェ メーカーズディナー ステファン・オジェ メーカーズディナー ステファン・オジェ メーカーズディナー

オジェと君嶋代表の出会いは20年前。そのワインに惚れ込み長く親交を深めてきましたが、今回念願叶っての初来日という事で喜びもひとしお。二人とも実に楽しげでマリアージュの味も格別なものだったようです。

ステファンは長旅の疲れも見せず、終始にこやかな笑顔で撮影にも快く対応して下さる紳士ぶりが印象的でした。その人柄からして我々を魅了してやまないステファン・オジェのワインにますます注目が高まります。

ステファン・オジェ メーカーズディナー
横浜君嶋屋
最新イベント情報はこちら!

最新情報 [2019.3.14]

STEPHANE OGIER 初来日記念イベント

4/2(火) ステファン・オジェ メーカーズディナー


ステファン・オジェ メーカーズディナー

しなやかで優美な新しいコート・ロティ 実力派のローヌ生産者

オジェ家は、コート・ロティの中心地アンピュイを拠点に、何世代にもわたりブドウ畑を営んできました。
ボーヌや南アフリカで修業を積んだ現当主ステファンがドメーヌに加わり、コート・ロティのトップ生産者に数えられる注目すべき存在となります。
ドメーヌのフラッグシップワイン“ラ・ベル・エレーヌ” は、コート・ロティの単一畑コート・ロジェから造られる特別なキュヴェ。 家族を支える母エレーヌへの想いが込められ、ワイン・アドヴォケイト誌では3度も100点を獲得している、今まさに目が離せない注目の生産者です。
この度ステファン・オジェ氏の初来日を記念し、横浜君嶋屋主催の特別イベントを開催いたしました。

ステファン・オジェの魅 ■ 改めて知るステファン・オジェの魅力

2019年4月2日に開催されたイベントには、多くの方にご参加頂きました。 誠実で飾らない人柄で我々を魅了したステファン・オジェは ディナー中もにこやかな笑顔を絶やさず、真摯なまなざしで ワイン造りへの想いや今後の展開を語って下さいました。 初来日で語る貴重なお話やマリアージュの様子をまとめたレポートをご覧ください。
4/2 イベントレポート
ステファン・オジェ メーカーズディナー
日時2019年4月2日(火) 受付18:30 開始19:00
会場センチュリーコート丸の内 コンパートメントルーム
住所:東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館 B1F
会費ディナーコース・ワイン ¥22,000(税金・サービス料込)※お支払いは当日、現金でお願いいたします。
定員20名様
内容 ◆ディナーに「当日ワイン」として以下を予定しています。
*2016 La Rosine Viognier VdP Collines Rhodaniennes 白 750
*2017 Condrieu La Combe de Malleval 白 750
*2015 Cotes du Rhone Le Temps est Venu 赤 750
*2013 L’Ame Soeur IGP Collines Rhodaniennes 赤 750
*2013 Cote Rotie Reserve 赤 750
*2006 Cote Rotie Reserve Lanceman 赤 750
◆料理はアミューズ 前菜 魚 肉 デザートの5皿。
センチュリーコート丸の内 フレンチ「ロゼット」鏡チーフシェフの華麗なマリアージュをお楽しみ下さい。
ご予約
お問合せ
横浜君嶋屋本店 営業部 
TEL 045-251-6880( 受付時間 10:00 ~ 19:00 )
※お問合せの際「メーカーズディナーの件」とはじめにお伝えいただけますと幸いです。
※開催日の3日前よりキャンセル料全額お客様ご負担になりますので予めご了承下さい。
※アレルギーをお持ちの方は申込みの際にお申し付けください。
センチュリーコート丸の内 ■センチュリーコート丸の内
国の重要文化財を舞台とする、21世紀の社交場。
東京・丸の内の地で昭和9年よりその荘厳な佇まいを守り続ける明治生命館。建てられてまだ間もない頃、地下1階には、バーやメインダイニング、ソーダファウンテン、スタンドサンドウィッチを備えたレストランが存在し、流行の先端をいく紳士淑女たちで賑わっていたそうです。 2008年7月、当時のままのブロンズドアが永い時を越えて再び開かれ、かつての社交場は新たにクラブレストラン『センチュリーコート丸の内』として甦りました。

酒のおはなし No.009 [2019.5.09]

奥吉川ブルーと私。


新卒で入社して現在、節目の3年を過ぎた4年目、岡崎です。横浜本店にて店舗業務を主に担当しております。よろしくお願いします!

さて、今回のコラムで取り上げるのは弊社が『龍力』の本田商店様に醸して頂いた『奥吉川ブルー』についてです。
『奥吉川ブルー』は弊社代表が究極の日本酒だと言い切るほどの出来栄えで大好評な『奥吉川 生もと純米大吟醸』の次に生まれたお酒です。

奥吉川ブルー

『奥吉川 生もと純米大吟醸』で使われている山田錦はお米のモンラッシェともいえるような区画の田んぼで作られた最高峰のお米です。お米、磨き、造り全てにこだわって造られたのが『奥吉川 生もと純米大吟醸』です。 『奥吉川ブルー』は同じ区画のお米を使い、お米の旨みを活かすようあえて磨かずに造られております。 実はこれの造りに私、携わっているのです。  

生もとという造りはとても手間のかかるものでその中でも手もとという作業ともと摺りといわれる作業はとても重労働です。そのもと摺りを手伝ってきてといわれ初の兵庫へと行くことになったのです。
1月末ごろでとても寒く、雪もちらついていました。 雪のせいで新幹線が遅れ、手もとには参加できませんでした。その代わり、というわけではないですが、麹番を一緒にやることになりました。  夜中、2時間おきに蔵へ行き、麹の様子を見てふたをいれかえるなどの作業をしました。朝までバッチリとやりました!

奥吉川ブルー

朝になるとついにもと摺りです。酒母になるもろみを摺りつぶす作業です。これがかなりの重労働!大変でした。 そんなこんなで私が手伝ったのはここまでですが、想いがたくさんこもった『奥吉川ブルー』 お米の味がしっかり伝わる綺麗なお酒です。『奥吉川ブルー』を愛してあげてください!


[横浜店]  岡崎


酒のおはなし
COLUMN