横浜君嶋屋 ブランド酒

酉与右衛門 情熱



 
酉与右衛門
 

 
酉与右衛門 情熱誕生Story
 
花巻、南部杜氏発祥の地の蔵。当時「自分の酒」を形にしたいと試行錯誤されては、 何度もお酒を届けて下さった川村蔵元に「7号酵母でトラディショナルに」とリクエスト。 7号×自家栽培美山錦で数年かけて磨かれ、「味が出すぎず後口がきれいに消える」美山錦らしさが表現されたクオリティ。 高級料理から家庭の味まで合わせやすい、毎日楽しめる食中酒として情熱ラベルになりました。
情熱造りメモ
合資会社川村酒造店
当主 川村直孝 氏
美しい自然の中で熟成味を大切にした純米酒を造り続ける蔵。自家栽培米から生まれる香りは穏やかで酸味が旨みを引き出し、地元の食材をはじめ和洋中どんな食にも合います。 情熱は硬くてきれいに消えてくれる美山錦だからこそ、素材の良い高級寿司などに相性が良く、意外とお燗でも美味しくいただけます。
酉与右衛門

酉与右衛門
酉与右衛門
酉与右衛門
酉与右衛門

合資会社
川村酒造店

大正11年創業
岩手県花巻市石鳥谷町好地12-132
創業者・川村酉与右衛門は、16歳で酒造出稼ぎに赴き、24歳で杜氏に就任しました。際立った腕の杜氏として活躍後、1914年南部杜氏協会発足時のトップを務めつつ1922年に合資会社川村酒造店を創業。水も空気も旨い岩手の大自然の中で、「ボディのあるキレの良い酒」を醸す蔵元です。 山田錦、雄町、美山錦、吟ぎんが、亀の尾、ひとめぼれ等、それぞれの米のポテンシャルを最大限引き出すことを念頭に置き、丁寧な仕込みを心がけています。

酉与右衛門