Makers’ file

vol.1 シャンパーニュ・ピエール・モンキュイ
モンキュイ


シャルドネの聖地の硬質なミネラル感と上質で豊かな酸味、
エレガントさを併せ持つブラン ・ド・ブラン

モンキュイ
シャンパーニュ・ピエール・モンキュイは1889 年に設立された家族経営のシャンパーニュ・メゾン。
きらりと鋭い眼光のマダム ニコールは一見 “厳しそうだな”と見られがちですが、その人柄はとても魅力的です。 醸造には非常に厳しくプライドをもっている反面、その内面はとても優しく何とも言えない暖かみがあり、それが見事に味わいを 作り出す・・・。その、絶妙なエッセンスに衝撃をうけ、この出会いが君嶋屋初めてのワイン輸入のきっかけとなりました。
モンキュイ
~最高のシャンルドネに込める信念
フランス・シャンパーニュ地方のコートデブラン地区に位置する ピエールモンキュイの裏には、あの有名な「サロン」があります。なにを隠そう、この区画でできるシャルドネは、シャンパーニュを造る生産者がこぞって欲しがることで有名。 自分の畑で採れたブドウを売ってしまえば儲けになるのですが、このブドウを使って自分達でシャンパーニュを造ることに 意味があると信念を貫いているのがピエールモンキュイなのです。
有名サロンと同じ、グランクリュである「メニル・シュール・オジェ」の自社畑で収穫される最高のシャンルドネを使って造られます。 しかも、最高の区画のブドウ・最高の生産者であるにもかかわらず、価格はサロンやドゥラモットに比べるとリーズナブルなところも大変魅力的です。
モンキュイ
その信念は「モノアネ」「モノセパージュ」「モノクロ」。ノンヴィンテージ表記でも単一ヴィンテージで醸造、ロゼ以外は全てシャルドネのみで、 スタンダードであるユーグドクールメ、又、ロゼ以外は全てメニルシュールオジェのみのシャルドネのみ使用する、 非常にこだわりのあるシャンパーニュです。
世界のトップソムリエもピエールモ ンキュイの品質の良さは熟知しており、星付レストランを中心にサーヴされる逸品です。
~テロワールを的確に表現する女性醸造家
モンキュイは、シャルドネの聖地とも呼ばれるメニル・シュール・オジェのテロワールを的確に表現する生産者。 メニル特有の硬質なミネラル感と上質で豊かな酸味、女性らしいエレガントさを併せ持つブラン・ド・ブランを生み出しています。
 1977年、シャンパーニュ地方のシャルドネの聖地とよばれる地でこの歴史あるメゾンを父親 ピエールから引き継ぎ、姉であるニコールが醸造と栽培を担い、弟のイヴが商業関係を担当することに…。 そして、現在では、ニコールの娘ヴァレリーも醸造・栽培に加わり、2代続けての女性醸造責任者 が誕生する予定です。
モンキュイ


モンキュイ
11, rue Persault Maheu 51190 Le Mesnil sur Oger
モンキュイ
創立1977年
所有畑面積 19ha
土壌石灰質粘土石灰質
栽培品種 シャルドネ

ロゼ用にはアンボネイ村のピノノワールを購入

生産業態RM
シャンパーニュ・ピエール・モンキュイ