横浜君嶋屋 ブランド酒

松の司 情熱



 
松の司
 

 
松の司 情熱誕生Story
 
金沢酵母を使い上品な吟醸香があり透明感、品格のある日本酒を醸す滋賀県を代表する吟醸蔵。君嶋代表が蔵を訪れた際「熊本酵母の味わいも面白いのでは?」という閃きから、地元竜王産の山田錦を精米歩合50%に熊本酵母で醸した、君嶋屋だけの特別な純米大吟醸酒が誕生しました。新杜氏へ代替わりした現在は、土壌別シリーズの中から、香り・旨み・酸味のバランスの取れたタンクを情熱酒としてセレクトしています。
また、酒造りの根本から見つめ直して造られた純米酒は、伝統的な生酛造りの蔵付酵母で醸され情熱酒となります。
情熱造りメモ
松瀬酒造株式会社
当主 松瀬 忠幸 氏
万延元年(1860年)創業の蔵、地下120Mから吸上げる鈴鹿山系愛知川伏流水の仕込み水、地元竜王町や兵庫県旧東条町の契約農家が造る特A山田錦。小仕込みによるモロミ工程で酒に味わいをつける箱麹法や酵母・発酵技術、更には貯蔵・熟成技術。 竜王の地でしか味わえない酒を目指す蔵元に、その時代の君嶋屋らしい感性でアレンジして頂いています。
松の司

松の司
松の司
松の司
松の司

松瀬酒造株式会社

万延元年創業
滋賀県蒲生郡竜王町弓削475
1860年の創業以来、シンプルな味わいの中に奥深いオリジナリティを追求し続ける、地元に根差した酒蔵。 1988年から地元竜王町、兵庫県旧東条町(全て特A地区)で主に山田錦の契培を始動、1992年から全ての原料米を契約栽培に切り替えました。 2002年産より全ての契約農場に「環境こだわり農産物認証」を取得、栽培期間中無農薬・無化学肥料栽培米に取り組んでいます。

 
松の司