横浜君嶋屋 ブランド酒

いづみ橋 情熱



 
いづみ橋
 

 
いづみ橋 情熱誕生Story
 
情熱シリーズが展開をはじめた頃、蔵に戻ったばかりの現当主橋場友一氏は、 酒造りは米造りの信念のもと、地元海老名の農家と共に水田作りに取り組まれてきました。 高精米が主流の時代に「自分達で造った米だからこそ磨きたくない」と、あえて精米歩合80%で自然な味わいを目指した、 まさに蔵元の情熱そのものと言える純米酒が誕生しました。
情熱造りメモ
泉橋酒造株式会社
六代目 当主 橋場 友一 氏
大山・丹沢山を水源とする豊かな海老名耕地で1857年に蔵を構え、「いずみ橋」は地元農業と共に「酒造りは米作りから」を体現する日本酒です。 日本伝統の米と米麹から生まれる素朴な味わいに加え、特に山田錦の精米歩合80%に抑えた辛口で酸のある仕上がりは、高座豚など神奈川の食と好相性です。
いづみ橋

いづみ橋
いづみ橋
いづみ橋
いづみ橋

泉橋酒造株式会社

安政4年創業
神奈川県海老名市下今泉5-5-1
安政4年創業より地域農業と共に歩む全国でも珍しい栽培醸造蔵。米と米麹を原料とする純米酒のみを生産し、米作りから飲食店まで経営する一貫体制で 地域を巻き込み農産業を発展させる活動に注目が集まる。「地元の田園風景と緑を守るのは自分の使命」(橋場代表) 。

 
いづみ橋