岡野亭、お席ございます [2019.03]

  横浜君嶋屋マリアージュコラム No.002

旬のネーブルでオレンジ寿司


冬から春にかけて国産ネーブルが旬を迎えます。鮮やかなビタミンカラーは食卓を華やかに演出し食欲をそそります。オレンジ類は天然のクエン酸を多く含み、カリウムやビタミンCも豊富。実も皮も健康や美容に欠かせない優秀なフルーツです。今回は静岡産の無農薬ネーブルと相模湾産の朝採れの鯵で作る、簡単で美味しいオレンジ寿司をご紹介します。 新鮮な鯵が手に入らない場合は鯛などの白身魚、ホタテ、スモークサーモンなどでお試しください。

オレンジ寿司
オレンジ寿司

材料 2人分

【A】
 ・白米または胚芽米 2合
 ・ワイン 10cc(なくてもOK)
 ・昆布 5cm位を1枚 

【B】
 ・白バルサミコ酢 30cc
 ・ワインビネガー(または 10cc 
 ・ネーブル(またはその他のオレンジ)果汁10cc
 ・レモン汁 10cc
 ・塩 小匙1

【C】
 ・新鮮な鯵2尾分 
 ・大根、人参 適宜
 ・塩、白バルサミコ、レモン果汁
 ・ネーブル(またはその他のオレンジ)2個
 ・松の実または砕いたローストアーモンド 適宜
 ・ピンクペッパー
 ・フェンネル
 ・オリーブオイル

作り方

1)刺身用鯵を三枚におろす(魚屋さんにお願いできます) 鮮度のよいものなら刺身用にカットしてある鯵でもOK。
軽く振り塩して1~3時間位〆た後、中骨を抜き一口大にカット。
2)なます→大根と人参を細切りにする。(量のバランスは、大根1:人参1/2)
軽く塩を振りしばらく置いて水分が出たら軽く搾り、白バルサミコ酢を適宜加えレモン汁5~10ccを加える。
3)Aの材料でご飯を炊き、Bを入れて酢飯を作る。
※酢飯の甘さは白バルサミコ酢とワインビネガーの割合で調整する。
4)お皿に置いたセルクル(輪の型)に酢飯を入れなますをのせる。
一口大に切った鯵とネーブルの実をのせ、松の実、フェンネル、ピンクペッパーを散らす。 セルクルを外し、オリーブオイルをかけ回す。

おススメのワイン

シンプルな食材ながら柑橘果実の甘酸っぱさ、磯の風味、白バルサミコ酢など味のハーモニーが楽しめるお寿司なので、ワインもブドウ品種をブレンドしたものや鯵と相性の良いソーヴィニヨンブランを合わせてみました。

コト-
コト-・ヴァロワ・ロゼ・デュン・ニュイ
(ドメーヌ・デュ・デフォン)
仏・プロヴァンス地方
アルザス
アルザス・エデルツヴィッカー
(ドメーヌ・アルベール・ボクスレ)
仏・アルザス地方
コレクション
コレクション・デュ・シャトー・ブラン
(シャトー・ド・ボープレ)
仏・プロヴァンス地方
ヘロン
ヘロン ソーヴィニヨンブラン、メンドシーノ・カウンティー
アメリカ・カリフォルニア州

 

岡野 のり子[社長アシスタント・広報担当]
 NO WINE NO LIFE のノムリエ主婦から2005年にお酒の業界へ
 J.S.A.認定ワインエキスパート、SAKE DIPLOMA

 

「岡野亭、お席ございます」
横浜君嶋屋マリアージュコラムindex