「岡野亭、お席ございます」[2019.03]

  横浜君嶋屋マリアージュコラム No.003

春を告げる魚「赤メバル」のアクアパッツァ


メバルは関東・東海地方では春を告げる魚と呼ばれています。赤メバル、白メバル、黒メバルなどに分類される癖のない上品な白身魚で、初春と秋が最も美味しい季節と言われています。刺身、塩焼き、煮付け、唐揚げなど、どんな調理法でも美味しくいただけますが、今回はイタリアの人気漁師料理「アクアパッツァ」をご紹介します。

アクアパッツァ

材料


【A】
・メバル1~2尾(大きさによる)
 ※カサゴ、真鯛、ホウボウ、スズキなどの白身魚が向いている。
・塩・胡椒 適宜

【B】
・にんにく 1/2片~1片
・アンチョビフィレ 2~3枚

【C】
・ケーパー 大さじ1
・黒オリーブ 10粒位
・ドライトマト 1枚~2枚 (お出汁用)
・ミニトマト 12個位
・あさり 20個位 
・白ワイン 1カップ

【D】
・タイム 1枝 (ない場合はローレル1枚)
・水 2カップ (ドライトマトを戻して出汁を取ったもの)

【E】
・イタリアンパセリ
・オリーブオイル

作り方

1)魚の鱗、えら、内臓を取り除き、塩・胡椒をして下味をつける。
 (魚屋さんで処理していただくことをおススメします!)
2)フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを入れて火をつける。
  弱火のまま、ニンニクがほんのりと色付き始めたらアンチョビを入れる。
3)続けて魚を入れ、両面に焼き色をつける。
4)ケーパー、黒オリーブ、ドライトマト、ミニトマト、アサリを加えたら強火にして白ワインを加える。
5)アサリが開きアルコールが飛んだらタイムを入れて水を注ぐ。
6)時々スープを魚に回しかけ、中火で15分位煮込む。
7)魚に火が通ったら、オリーブオイルをかけてイタリアンパセリを乗せる。

おススメのワイン

アクアパッツァには、ミネラルたっぷりな潮風を感じるワインがおススメです。

コルス・カルヴィ
コルス・カルヴィ・キュヴェ・ヴィニョラ・ロゼ(ドメーヌ・レヌッチ/仏・コルシカ島)
コルス・カルヴィ
コルス・カルヴィ・キュヴェ・ヴィニョラ・ブラン(ドメーヌ・レヌッチ/仏・コルシカ島)
パトリモニオ
パトリモニオ・カルコ・ブラン(ドメーヌ・アントワーヌ・アレナ/仏・コルシカ島)
ヴィヴァイオ
ヴィヴァイオ・デル・カヴァリエル IGT トスカーナ・ロッソ (カステッロ・ラ・レッチア/伊・トスカーナ地方)

 

岡野 のり子[社長アシスタント・広報担当]
 NO WINE NO LIFE のノムリエ主婦から2005年にお酒の業界へ
 J.S.A.認定ワインエキスパート、SAKE DIPLOMA

 

「岡野亭、お席ございます」
横浜君嶋屋マリアージュコラムindex