ラングドック・ルシヨン地方の生産者

Château d'OUPIA シャトー・ドーピア

12世紀からドーピア公爵によって統治されてたエリアに、現在のドーピア村があります。1860年にイシェ家がシャトー・ドーピアを買い取り、代々引き継がれています。1969年に当主となったアンドレ・イシェ氏が、この土地に適したセパージュを植え始めるなど積極的に畑の改良を行いました。
その畑は村の最も優れた区画にあり、3つの異なる土壌を持ちます。当初は地元のネゴシアンにバルクでワインを販売していたのですが、後に自社ブランドで販売を開始しました。現在はアンドレの娘であるマリー・ピエールがシャトーを引き継いでいます。

Domaine Turner PAGEOT ドメーヌ・ターナー・パジョ

元科学者の妻カレン・ターナーと元ソムリエのエマニュエル・パジョ夫妻の造るラングドックのブティックワイナリー。夫のエマニュエルがブドウ栽培、妻のカレンが醸造を担当し、2008年にファーストヴィンテージをリリースした、比較的新しいビオディナミ・ワインの生産者です。
自社所有の複数の小さな区画のブレンドにより、複雑味のあるバランスの取れたワインを造りだします。「ワインは食事中にこそ真のポテンシャルを発揮する」と考え、造るワインはあくまでも「テーブルワイン」。ラベルにはそのワインに合う食材をデザインしています。

Domaine Vial MAGNÈRES ドメーヌ・ヴィアル・マニェレス

グルナッシュから天然の甘口ワインを造る、ルーション地方のAOCバニュルス。地中海側のスペインの国境に面した地域で、年間250日以上も晴天に恵まれています。その中でも、ドメーヌ・ヴィアル・マニェレスは素晴らしい甘口ワインの生産者です。
ドメーヌを所有するサペラ家は、4世代に渡りワインを造り続けています。畑は地中海沿岸に面した段々畑で、グルナッシュ主体で栽培しています(全体の90%)。1986年に『バニュルス ブラン リバージュ・アンブレ』をリリース。さらに、この地方で初めてのヴァン・ド・ペイ・セックも生産しています。

※ 2014年よりTramontane Winesが生産ならびに運営を行っています