アルザス

Domaine Albert BOXLER ドメーヌ・アルベール・ボクスレ

17世紀末頃からボクスレ家はワイン業に関わってきましたが、本格的には1945年に「アルベール・ボクスレ」の社名で醸造・販売を始めました。その後、ニーデルモルシュヴィル村、及びトゥルクハイムにある花崗岩質土壌の畑を拡大、改良してきました。1996年からジャンがアルベール・ボクスレを引継ぎ、世代交代の活発なアルザスの中で注目のドメーヌとなっています。
所有畑12.5haの内、半分は2つのグランクリュ『ソンメルベルグ』と『ブラント』です。『ソンメルベルグ』は特に傾斜がきついため、機械は入れられず全て手作業でブドウを栽培しています。栽培方法は、全く除草せず自然に雑草を伸ばしたままにします。ブドウ樹には一切化学剤を使用せず、病気に対しても薬剤の使用を最小限に留めるなど、自然農法で栽培しています。醸造もポンピングオーバーや清澄など行わないなど、自然な造りにこだわっています。
現当主のジャンは1973年生まれという若さで、アルザスワインを代表する造り手といっても過言ではない情熱的な生産者です。フランスの著名なワインのガイドブック『Les Meilleurs Vins de France 2014』で3つ星を獲得しています。

Jean-Paul METTE ジャン-ポール・メッテ

mette_face mette_lbl

アルザス地方リボーヴィレ村で、伝統的なアルザスのマールやフルーツ・ブランデー、そのほかさまざまな種類の果実や食材からオードヴィやスピリッツ、リキュールを造っています。創業は1960年。ジャン・ポール・メッテ氏が、小さな蒸留機で伝統的なオードヴィを造り始め、1998 年から現オーナーのナタリーとフィリップ・トラベ夫妻に受け継がれました。
メッテのすごさは、その徹底した原料へのこだわりです。厳選に厳選を重ねた最高の原料を使用するので、毎年同じ種類の製品が仕込まれるとは限りません。醸しと発酵はできるだけ自然に行われ、すべての工程において糖や酵母の添加はしません。また、発酵タンクを人工的に温度調節することもありません。糖分の高い果物は、熟した果実をタンクに入れ 6~8週間発酵させ、2回蒸留を行い、加水して45度にします。ベリー系果実、花、根、スパイスといった糖分の低い原料は、5日~4か月間、75度以上のブドウベースのスピリッツにマセラシオン(浸漬)し、原料のもつ香味を抽出させ、蒸留を1回行います。品質にこだわるため、蒸留機はあえて小さいものを使用しています。蒸留後の原酒は、6~8年ステンレスタンクで熟成します。タンクはあえて屋外に置かれていて、気温差が熟成によい影響を与えています。夏の暑さは強すぎるアルコールを蒸発させ、角の取れた滑らかなオードヴィが生まれるのです。冬の寒さは自然のフィルターとなり、不純物を沈め清純なオードヴィを造ります。メゾン内には、常時16万リットルの蒸留酒が熟成されています。